home お知らせ・評議会議事録 お知らせ

お知らせNews

2006.10.30

AED(自動体外式除細動器)が導入されました。

グランメッセ熊本では万一の災害・緊急時に備え、平成18年10月23日にAED(自動体外式除細動器)を1台導入いたしました。AEDは、一般の人でも安全かつ簡単に、心肺停止者に対して除細動を行うことができるように設計された救命処置機器です。
コンピュータによって、傷病者の心臓のリズムを調べ、除細動が必要かどうかを自動的に判定するとともに、操作方法を音声メッセージによって指示し、必要な際には安全に除細動を実施します。

グランメッセ熊本では、消防署員の指導のもと、通報・初期消火・応急救護などの自衛消防訓練を定期的に実施しています。その中で、AEDの実践的な操作の習熟に努めています。