home お知らせ・評議会議事録 評議会議事録

評議会議事録List

2021.03.24

令和2年度第94回グランメッセ熊本評議会 議事録

■開催日:令和3年2月26日(金) 午後0:00~午後2:00

■開催場所:熊本産業展示場(グランメッセ熊本)コンベンションホール

■出席委員:坂本 正 議長、他評議委員5名
代表取締役 二子石 隆一、他役員1名、推進役1名、事務局3名

■欠席委員:1名

■代表取締役あいさつ
代表取締役が挨拶を行い、その中で、グランメッセの次期指定管理者として当社が選定され、今年4月から5年間、引き続き当施設の管理を任されることとなったこと、当施設の利用状況について、4月から1月までの10か月間の展示ホールの面積稼働率がコロナ禍により例年の5分の1から6分の1となっていること、コロナ対策について、新たにサーモカメラや空気清浄機を整備したこと、県の計画に基づく大規模改修工事の今年度分の工事が終了したことの報告を行った。

■議事
第1号議案「施設及び設備等の使用許可の最終的承認」について
事務局から資料を基に2、3、4月分の施設及び設備等の使用許可申込状況について説明を行った。
説明終了後、議長が質問・意見を求め議案の適否を諮ったところ、評議員より、駐車場の舗装面の変形や劣化のため、降雨時に水たまりができ、ポンプによる排水が必要な場合があるとの説明があったが、駐車場は当施設のアピールポイントとなっているので、改修ができるように県にお願いした方が良いとの意見があった。その後、全出席評議員から異議なく承認された。

「利用者のトラブル等への対応に関する報告の承認」について
「その他施設及び設備等の提供、使用許可に関する事項」について
上記2件についての議案は、今回はなし。


■報告事項
①令和3年1月分、2月分 月次報告について報告を行った。
説明終了後、議長が質問・意見を求めたところ、全出席評議員より意見はなかった。

②新型コロナウイルス感染症に係る対応状況について
業務推進役より資料に基づき、報告を行った。
説明終了後、議長が質問・意見を求めたところ、評議員より、対策に要した費用はどうしたのかとの質問があり、常務取締役が、サーモカメラ及び空気清浄機については、県に要望して県の予算で対応してもらい、その他の消耗品購入や消毒等に係る費用については、益城町の助成金も活用し、当社で対応した旨説明した。また、委員から、これだけのコロナ対策を行っていることをもっとPRしていくと良いとの意見があり、常務取締役が、説明を行った内容についてはホームページにも掲載している旨説明した。また、収支の見通しについて質問があり、代表取締役が、雇用調整助成金や持続化給付金も活用しつつ、県に補填及び納付金の免除を要望している旨説明した。

③その他
・次回第95回評議会(令和3年4月)開催の日程について事務局の提案にて4月27日(火)に決定した。

■質疑応答および意見
 ウィズコロナにおけるグランメッセの利用について、委員から次のような意見が出された。
・ 産業展示の在り方も変わるので、様々なツールを活用して様々な形で情報発信を行っていくなど、当施設の価値をいかにして高めていくかを考えなければならない。
・ 収益も上がるような新たな事業展開がなされていくことを期待する。
・ 折角企画した展示会等を人が集まれないから止めてしまうというのは勿体ない。人は集められないが、どうすれば発信できて商売ができるかということを、主催者等と一緒に考えていくと良い。